フライパンブログ

【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方

こんにちは。最近テレビを眺めていて、料理番組や通販番組でフライパンが登場すると、どうしても注目してしまう当ショップスタッフの村上直樹です。

そんな近頃思ったのは、「色んな種類が出てきたけど、セラミックフライパン、すごく増えたな」ということ。ちょっと前までは、フッ素加工のフライパンがいちばんメジャーだった気がしたので……気になって調べてみると、某テレビショッピングが人気の火付け役だったらしい。通販番組、私も大好きです。お客様への分かりやすい説明の仕方とか、長所の伝え方とか、長所短所の見分け方とか、参考にしています。

さて、大理石を使用した「マーブルコート」や、人工ダイヤモンドを使用した「ダイヤモンドコート」など、色んな種類の新たな加工法が登場している昨今、最も注目されてるのが「セラミックコート」
ということで今回は『【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方』と題して、セラミックコートがどんなものなのか?見分け方は?どんなところが良くて、もっと良いものはあるの?そんな皆さんの疑問にこたえたいな~と思います!

Contents
【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方①セラミック製品のメリット
【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方②セラミック製品のデメリット
【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方③セラミック製品のデメリットを補う他の素材は?

【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方①セラミック製品のメリット


まず、「セラミックフライパン」ってどういうフライパンなの?という簡単な見分け方ですが、セラミックフライパンは調理面が白色をしているのが特徴です。
これがお洒落なんですよねぇ^^白くて滑らかな素材は、見た目がツルンとして可愛くって、それだけで女性人気が高いのではないかと思います。

ちなみに、勘違いする方もいらっしゃいそうなので補足すると、「セラミックフライパン」は、セラミックでコーティングされたフライパンのこと。セラミック製のフライパンということではありません。見分け方にご注意を。
フライパン自体は金属製で、それにセラミックコーティングを施すことで、利便性を高めた種類のことを言います。

じゃあその利便性ってなんなの?と言うと、もうこれが、素晴らしさ無限大。

①耐熱性が高い!
②焦げ付きにくい!
③丈夫で長持ちする!

もう言うことなしの3拍子です。

セラミックフライパンの耐熱温度は、なんと400℃ほど。400℃って、ピザの石窯レベルです。フッ素加工フライパンなんかは、過熱すると有毒ガスが発生する危険性なんかがありますが、セラミックフライパンなら心配なし。安全性にも優れています。

村山直樹
村山直樹
他の種類のフライパンと比べて摩擦にも強いので、洗う時にごしごしこすっても安心。安全で綺麗に長持ちするなんて、素敵ですね。

【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方②セラミック製品のデメリット


正直、デメリットと言うほどのデメリットは、セラミックフライパンにはないです。
ですがが、強いて言うとすれば、絶対に注意しなきゃいけないポイントが2つある、ということ。

まずひとつは火加減。先ほど「400℃まで耐熱なんて凄くない?!」とお伝えしたばかりなので少々お伝えづらいのですが、セラミックフライパンの耐熱温度はすごく高いのですが・・・急激な加熱を繰り返すことで、コーティングの劣化に繋がる、という注意点があります。
つまるところ、フライパンの温度が急激に上昇する「空焚き」がNG。油も敷かず、食材も入れず、ただコンロに置いて熱を加える・・・料理初心者はやりがちかな、と思います。私もやりました。

これについては、2つ目のポイントを押さえて貰うことで解決できるのです。

それがこちら【絶対に、油を敷いてお使いください!】

これさえしてれば、セラミックフライパンのコーティングが最善の状態で保たれ、空焚きにもならず、長持ちします。
そもそもくっつき防止能力の高いセラミックフライパンだけど、実は油を薄く伸ばすことが前提。ちょっと専門的な話になってしまいますが、油によって非粘着性を高める・・・という理屈があるんです。

村山直樹
村山直樹
一度焦げ付いてしまうと、際限なく焦げ付いてしまうのがセラミックフライパン。正しい使い方に気を付けて、最良の状態で、長持ちさせてあげてください◎

【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方③セラミック製品のデメリットを補う他の素材は?


セラミックフライパンのデメリット(?)を補う、「空焚きしても問題なし!」「油を敷かなくても大丈夫!」……というフライパンですが、正直なところ両方を備えたフライパンは、ほぼ無いです。

まず空焚きOKなフライパンの種類ですが、これは鉄製のフライパンになります。
とにかく熱に強いので、一般的なフッ素加工やセラミック加工などのフライパンではNGとされる急激な加熱にも余裕で対応してくれる頼もしい存在。
その反面、初めて使うときに「焼き込み」などの準備が必要だったり、油を馴染ませる日頃の手入れがあったり……と手間も多いのが実際のところ。
自分でフライパンを育てていきたい!なんてこだわり派のあなたにはオススメです。

次に、油を敷かなくても大丈夫!というフライパンですが・・・こちらは「テフロン加工」のフライパン。
ただ、恒久的なものではありません。日に日に摩耗していくのが前提になるので、適宜買い替えが必要。どんなに長持ちするものでも、2年程度でダメになっちゃうと思っておいて貰った方が良いかと思います。
ちなみにテフロン加工は、空焚きご法度!なのでご注意ください。場合によっては、速攻で使い物にならなくなってしまうかも。
買い替え頻度が高くなっても良い、とにかく手間を掛けたくない!というあなたにオススメなのが、テフロン加工ですね。

「なんでも進化している現代だけど、意外と完璧!なフライパンってまだまだ無いのね」ってなことを言われたことがあり、私も返答に困ってしまったりしたことがありますが、ポジティブに考えたら「空焚きせず、油さえ敷いていれば長持ちしてくれるセラミックフライパン、すごい優秀じゃない?!」とも思います。
どんなものも一長一短だな~というのが実際なので、自分と相性の良いフライパンを皆さんが見つけてくれたら嬉しいです。

以上、「【セラミックの利点弱点編】たくさんのフライパン種類から使い方にあった見分け方」でした!
フライパンは色々種類があるから、見分け方も分からず迷ってしまうことが多いと思いますが・・・そんなあなたの手助けになれていたら嬉しいです。
今回は「セラミックフライパン」を紹介しましたが、次回以降も他の素材とか、加工とかも紹介していきたいなと思っていますので、よろしくお願いします!

村山直樹
村山直樹
あなたに合うフライパンを見つけるお手伝いをこれからもしていきます^^

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。