フライパンブログ

鉄フライパン使用後の洗い方

鉄フライパンは使用後の洗い方でずっと使える一生モノに育てられる?!

こんにちは!当ショップスタッフの我妻みのりです♪
実は私、隠れゲーマーなんですが、最近プレイしているゲームに料理上手でイケメンな男性キャラクターが出てきて……うっかりハートを射抜かれてしまいました♡(笑)
そして、そんな彼はクールに中華鍋を使いこなしていて「私も同じようにかっこよく料理をしたい!」と思ったわけです。

とはいっても、キッチンがIHの我が家では中華鍋は使えない……というわけで、代わりに使い方が似通っている「鉄フライパン」を我が家に導入してみました!

鉄フライパンのメリットとして「長く使える」「育てられる」なんてことを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、では実際にどのような洗い方やお手入れをしたらいいのでしょうか。
そこで今回は『鉄フライパンは使用後の洗い方でずっと使える一生モノに育てられる?!』と題して、鉄フライパンの使い方や洗い方、使用後の取り扱い方など、鉄フライパンを初めて使ってみた私の感想とともにご紹介していきます!

Contents
1.鉄フライパンは洗い方次第で一生モノに⁉
2.鉄フライパンの使い方①焼き入れ
3.鉄フライパンの使い方②普段の使い方
4.鉄フライパンの使い方③洗い方など使用後のお手入れ方法
5.鉄フライパンを自分好みに育てよう

1.鉄フライパンは洗い方次第で一生モノに⁉

鉄フライパンといえば「洗い方を含めお手入れに手間がかかるもの」としての印象が強く、導入を足踏みしている方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし……鉄フライパンはきちんと洗い方などをマスターすれば、一生モノの道具になるんです!

なぜかというと、鉄フライパンは丈夫で傷がつきにくく、変形もしにくいのが特徴。フッ素樹脂加工フライパンでは敬遠される金属製ヘラやたわしも使用可能です。油なじみも良いので、焦げつきにくいのもうれしいポイント。洗い方など使用後のお手入れをマスターすれば、一生の相棒になってくれるかも⁉

その他にも、毎日の暮らしの中で使ってみて「これはすごい!」と思ったメリットがこちら。

①高温でも大丈夫!熱に強い

一般的なフッ素樹脂加工フライパンは、コーティングが剥がれてしまうため中火以上で使うのは非推奨。ですが、鉄フライパンなら強火もOK!熱伝導率も良く、ムラなく加熱できるんです。さらにお肉を焼けば、外はこんがり・中はふっくらジューシーに。素材のうまみを閉じ込めることができます。

②食事で気軽に鉄分補給もできる!

鉄フライパンで料理をしていると、フライパン表面の鉄分が染み出してきます。ごく微量ではありますが、毎日の食事だけでは鉄分を補えない、と感じている方は鉄フライパンを取り入れてみてもいいかもしれません。

以上のように、鉄フライパンは魅力たっぷり。使用後の洗い方や扱い方が悪くすぐにフライパンをダメにしてしまう方、焦げつきに悩まされている方などにおすすめです!

我妻みのり
我妻みのり
私は洗い方が雑ですぐにフッ素樹脂加工フライパンをダメにしてしまうので、丈夫な鉄フライパンの方が向いているかも……!

このように、魅力たっぷりな鉄フライパン。これから使い始める方に向けて、洗い方やお手入れ方法など鉄フライパンの使い方を、順を追って説明していきますね♪

2.鉄フライパンの使い方①焼き入れ&油ならし

 

鉄フライパン使用後の洗い方

鉄フライパンを購入したら、まずやらなければならないことがあります。
それは「焼き入れ」と「油ならし」。
購入直後の鉄フライパンの表面には、錆び防止のコーティング剤や細かなほこりがついており、これを剥がして使用できる状態にするのが焼き入れです。
それでは、焼き入れの工程を見ていきましょう!

①鉄フライパンを洗う(洗い方は、洗剤で軽めに)
②鉄フライパンを10分程度強火にかける(油や食材などは入れない)
③鉄フライパン表面の色が変わったら火を止め、自然に冷ます
④冷ました鉄フライパンを洗剤で洗い、水気を拭き取る

たったこれだけ……簡単すぎません⁉ もっと手間がかかるものかと思っていました。
最初の洗い方も、洗剤で優しく洗うだけなので楽ちんでしたよ!

我妻みのり
我妻みのり
強火にかけているときフライパンから少し煙が出てビックリしましたが、煙が出るのは普通のことだそうです。初めての焼き入れだったので、アワアワしちゃいました……!皆さんは安心して進めてください。(笑)

鉄フライパン使用後の洗い方
そして2つ目の「油ならし」も重要なお手入れ。
焼き入れが終わって、水気を拭き取った後の作業です。工程はこんな感じ。

①フライパンにたっぷりの油を注ぎ、中火で加熱しながら全体に広げる
②煙が出てきたら再度油を注ぎ全体に広げる。これを6~7回繰り返す

これで油ならしは終了!「サラダ油を注いでは広げる」の繰り返しはちょっぴり大変でしたが、この作業によりフライパン表面に油の膜ができました。錆びたり焦げたりしにくくなるので、欠かせない工程ですよ!

3.鉄フライパンの使い方②普段の使い方

 

鉄フライパン使用後の洗い方

ここまでで、使い始めの工程をチェックしましたね。
それでは、普段はどのようにお手入れをしたらいいのでしょうか?

鉄フライパン愛用者である弊社の先輩社員に聞いたところ、「調理前は『油返し』をするといいよ」とのこと。調理前に「油返し」をすることにより、さらに焦げつきにくくなるようです!それでは、作業内容を見ていきましょう♪

①中火でフライパンを熱する
②たっぷりの油を入れて全体になじませ、弱火で2~3分熱する
③火を止め、無駄な油を捨てる

これで油返し完了。そのまま調理に入ってOKです♪
上で紹介した「油ならし」の簡易版のような感じですね~。私もやってみましたが、すぐに終わるので、「これで焦げつきが押さえられるなら調理前に毎回油返ししてみようかな」と思うほどでしたよ!
手間暇をかけてセッティングした鉄フライパン……使用後、料理がどのように仕上がるのか、ワクワクしますね♪

4.鉄フライパンの使い方③洗い方など使用後のお手入れ方法

 

鉄フライパン使用後の洗い方

最後に、使用後の鉄フライパンのお手入れ方法をご紹介します!
鉄フライパンの使用後の洗い方やお手入れは、その他のフライパンとは異なるんです。(特に洗い方は全然違うので注意!)それでは、手順を見ていきましょう!

①使用後、できるだけ早く料理を器に移す(使用後すぐに移さないと錆びつきやすくなります)
②まだ熱が残っているうちに洗う(洗い方は、たわしを使って汚れを落としお湯で流します)
③水気を拭き取った後、中火で熱する
④鉄フライパン表面に油をまんべんなく塗り込む

これが鉄フライパン使用後の洗い方&お手入れです。
普通のフライパンの洗い方とは違い、最後に油を塗りこむ手順がありますね。

鉄フライパン使用後の洗い方
ちなみに、使用後の洗い方にも注意が必要。汚れがひどくても使用後は洗剤を使わないようにしてください!せっかく油ならしでできた膜がとれてしまいます。

我妻みのり
我妻みのり
普通のフライパンの使用後の洗い方に慣れているので洗い足りないように思ってしまいましたが、たわしで擦るだけで十分汚れがとれました!

5.鉄フライパンを自分好みに育てよう

今回は『鉄フライパンは使用後の洗い方でずっと使える一生モノに育てられる?!』と題して、鉄フライパンのメリットや使用後の洗い方などについて解説してみました。
お恥ずかしい話、私は使用前まで「鉄フライパンは手間がかかって面倒くさそうだな」と思っていたのですが、今回使用してみて意識が変わりました!

使用後は、鉄フライパンは洗剤がいらないのでエコだし、何より「油返し」などを行うとフライパンも応えてくれるので「自分が育てている」感があってすごく楽しい……!
使用後の洗い方などに気をつければ長年使えること間違いなし。

強火も使えるので、火力高めで調理したい派の人にもおすすめしたいです。
鉄フライパンが気になってきた方は、ぜひご自宅にお迎えしてみてください!

我妻みのり
我妻みのり
使用後の洗い方などに気をつけて取り扱えば、使いやすく長持ちする鉄フライパン。
私も憧れの料理男子キャラクターのように、鉄フライパンを使いこなしてみせます‼

 

鉄フライパン使用後の洗い方

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。