フライパンブログ

フライパン高級

フライパンにおける高級品は日本製?素材?ブランド?差が付く5つのポイント

僕は最近、某文房具メーカーに勤めている友人から、「高級なボールペン」を誕生日祝いにもらいました。見た目は洗練された無駄のないデザインで、手にしっくりくる重量感と、ずっと書いていても疲れないような滑らかな書き心地の素敵なボールペンでした。
これが、「高級」というものか……。なんて思いながら、僕はまたひとつ大人になりました。

ところで、僕は「高級フライパンのお店」の店員なわけですが、プレゼントをくれたその友人から「フライパンの高級っていったい何をもって高級なの?」と質問をされました。

普通のフライパンと高級なフライパンの違いってみなさんは分かりますか?
値段が高いのはもちろんですが、なぜ高いのか?ということについて確かに気になりますよね。

なので今回は「フライパンにおける高級品は日本製?素材?ブランド?差が付く5つのポイント」をご紹介していこうと思います!

葉月佳大
葉月佳大
高級フライパンの良さがわかるかも!

CONTENTS
●フライパンにおける「高級」とは
●高級フライパンは「製造国」で差が出る?
●高級フライパンは「ブランド」で差が出る?
●高級フライパンは「素材」で差が出る?
●高級フライパンは「コーティング」で差が出る?
●高級フライパンは「取っ手」で差が出る?

●フライパンにおける「高級」とは

フライパン高級
そもそも、高級かどうかって、何を基準に考えますか?
普通のフライパンと差がつくポイントの解説の前に、まずここから考えていく必要がありますね。

高級かどうかの一番わかりやすい判断ポイントは、値段ですよね。
フライパンって結構ピンキリなので数百円で買えるものもあれば、数万円するものもあるんです。1本7000円~くらいのフライパンになってくると、高級品のジャンルに分けられそうです。

じゃあ、その金額の差が出るのはなぜなのでしょう?
その答えが、フライパンにおける高級品の差がつくポイントなのだと思います。

高級なフライパンと、普通の価格帯のフライパンの値段の差が出そうなポイントを5つ挙げてみました!

その1 製造国
その2 ブランド
その3 素材
その4 コーティング
その5 取っ手

では、本当に差が出るのかどうか、ひとつひとつ見ていきましょう!

葉月佳大
葉月佳大
差を知れば高級品を見極められるようになれるでしょうか?

●高級フライパンは「製造国」で差が出る?

フライパン高級
日本にいれば、モノはなんでも「日本製」が良いとされる風潮、ありますよね。
まあ、これは先人たちの努力の賜物ともいえるのですが、日本製なら「安心・安全・高品質」と認識されることが多いのです。

これは、フライパンにも同様に言えることで、
高級フライパンで日本製のものは、「日本製で安心」「日本製で高品質」などが歌い文句としてよく謳われています。

実際、日本製のフライパンは、設定価格が高めであっても納得できる性能や品質の高さを持っているので、日本製かどうかは高級品かどうかの判断ポイントとのひとつになりますね。

ただ、「日本製でないものは高級品ではないのか」と言われると、そういうわけではなく、
日本製でないフライパンの中にももちろん、高級品は存在しています。

葉月佳大
葉月佳大
日本製でも外国製でも高品質なフライパンはあるようですね!

●高級フライパンは「ブランド」で差が出る?

フライパン高級
ブランド、それは高級かどうかに差が出る、わかりやすいポイントのひとつです。
フライパンにも有名なブランドがいくつかあり、価格設定も1万円~と、そこそこ高めだったりします。
やはり、フライパンの有名ブランドというと、外国のものが多く名が挙がりがちですが、日本製のブランドも人気なものがありますよ!

高級フライパンのブランドが出している商品を見てみると「高級品」として扱われる理由がわかります。
10年以上使えるくらいの耐久性を持っており、「一生モノ」としての価値があることが多いです。
さらに、デザインにもこだわりの行き届いたものが多く、見た目がお洒落なのでフライパンなのにお料理が映えるんです。
そういうわけで、ブランドかどうかというポイントは、高級か普通かの差がつくポイントと言えるんですね。

葉月佳大
葉月佳大
フライパン以外でもブランド品には「高級」と言われるだけの理由がありますよね。

●高級フライパンは「素材」で差が出る?

フライパン高級
フライパンを作る素材は、いくつかあるのですが、ざっと挙げると
鉄・アルミ・ステンレス・銅・チタン が代表的な素材です。

素材によって高級品かどうかの差が出るか、といわれると若干難しい部分はありますが、
金属単位で見ていくと、チタンが一番高価な金属の部類に入ります。
逆に、一番安価な素材は鉄です。しかし、安いフライパンとして流通しているものにおいては、アルミが一番多く見られますね。

各素材には、それぞれ特長があり、お料理好きの人は用途に合わせて選んでいることも多いのです。そして、それぞれの素材別に「高級品」が存在するので、一口に「これはこの素材でできているから高級品だ!」とは言い難いのです。

葉月佳大
葉月佳大
各素材の中で、高級かどうかの違いはありますけどね~

●高級フライパンは「コーティング」で差が出る?

フライパンのコーティングは、食材の焦げ付きやこびりつきがしないように施されているものなのですが、コーティングにも種類がいくつかります。
代表的なものだと、
フッ素樹脂加工・セラミック加工・マーブルコート・ダイヤモンドコート・チタンコート
などなど。

こちらは、種類によって値段も耐久性も変わります。
表面加工が長く持つものほど、高価で使い勝手も良いですね。
高級フライパンには耐久性の高いコーティングが施されている場合がほとんどなので、これも高級かどうかの差が付くポイントです。

葉月佳大
葉月佳大
高級品とされるコーティングは、金属性の調理器具を使用してもはがれる心配がないくらい丈夫です。

●高級フライパンは「取っ手」で差が出る?

フライパン高級
最後に、「取っ手」を見てみましょう。
高級フライパンには取っ手にもこだわりの素材が使われたものや、デザイン性の優れたもの、利便性の高い取り外し可能なものなどが見られます。

ただ、取っ手の取り外しが可能なフライパンは普通の価格帯のフライパンにもいくつか存在するので、高級品かどうかの差として挙げにくいポイントではあります。

でも、取っ手の着脱が比較的簡単にできたり、装着部分の造りが工夫されているという点で普通のフライパンと差が出ることが多いです。

葉月佳大
葉月佳大
一生モノの一本として持っておくのもいいかもしれないです(^ω^)

「フライパンにおける高級品は日本製?素材?ブランド?差が付くつのポイント」は
いかがでしたか?

高級品と言われるだけの理由があるので、ぜひ見極めのお役に立てれば嬉しいです!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。